学ぶ・知る

長浜で「あたらしい森林浴」テーマに講演会 地元企業と森との関わりも

ながはま森林マッチングセンターの橋本勘さん

ながはま森林マッチングセンターの橋本勘さん

  • 7

  •  

 ながはま森林マッチングセンターによる講演会「森とともによく生きる」が3月21日、木之本スティックホール(長浜市木之本町)で開催される。2017(平成29)年から年1回、テーマを変えて開いており、今回で4回目を数える。

 今年のテーマは「あたらしい森林浴」。講師は人材育成・予防医学の観点から森林浴を推奨している小野なぎささん。著書に「あたらしい森林浴」があり、東京からオンラインで講演を行う。

[広告]

 後半は「ウェルビーイング」をテーマにしたトークセッションを行う。コーディネーターを務めるのは同センターの橋本勘さん。ウェルビーイングとは、心も身体も社会も「よい状態」であることを指す。予防医療や森に関わる地域の団体などを会場に招き、「長浜の企業と森との関わり」について話すという。

 橋本さんは「トークセッションでは、実際に取り組んできた『人と森が交わる活動』の事例を話す。コロナ禍で人との関わりが分断された1年だった。今も人とは関わりづらいが、森とは気にせず関わることができる。森林浴が健やかさにつながることを伝えられたら」と橋本さん。

開催時間は13時30分~16時30分。参加無料。定員は150人。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース